ページの先頭です

自転車 車 交通事故

トップページ > 更新情報の一覧 > 交通事故 > 自転車 車 交通事故

こんにちは。越谷マックス鍼灸整骨院の金久保です。

先日の雪は良く振りましたね。そんなの日の翌日は道路が凍っていてスリップしやすいので運転には十分お気を付けください。

こんな日は歩行者、自転車の方もお気を付け下さい。スリップした車が追突してくる可能性があります。

というわけで今日は車と自転車の交通事故について少し書きたいと思います。

車と車では双方動いていた場合、加害者の過失が100%になることはあまりありませんが、自転車と車の場合、自転車が動いていた場合でも車の過失が高くなる傾向にあります。

これは、【優者危険負担の原則】というものがあるからです。

優者危険負担の原則とは、例えば自転車と車で交通事故をした場合、車は多少へこむ程度ですみますが、自転車はもしかしたら廃車になってしまうかもしれませんね。

自動車と人であれば、もっと被害は大きくなるかもしれません。

このように強者(自動車)が人(弱者)と交通事故を起こした場合、強者の方が被害が小さくなることを前提に考え、強者への事故への注意喚起を促す原則です。

過失の大きな順番は、大型四輪車>四輪車>自動二輪>自転車>人です。

人の中でも子供・老人・障害者は特に過失が小さくなる傾向にあります。

これの特徴として車が完全に交通ルールを守り自転車は交通ルールを守っていなくても車側の過失が大きく出てしまうところです。

車が細心の注意を払い道路を運転していて、不注意の自転車が飛び出してきて交通事故になってしまった場合、ルールを守っていた車のドライバーさんは悪くはありませんが、このよう場合7:3または6:4で車側の過失が大きくなる判例が出ています。

逆に出合い頭の自転車、車の事故の場合、自転車も軽車両に該当する為、交通事故の際は少なからず過失はつきます。

自転車に過失が加算されるケースをいくつかあげます。

・わき見運転  ・二人乗り  ・飲酒運転  ・手放し運転  ・夜間のライト無灯  ・速度が速いなどです

上記の条件がある場合には自転車の過失も高くなりやすいのでご注意下さい。

先日当院にも自転車に乗っていて、青信号を直進しようとしたところ左折する車に巻き込まれ交通事故に遭われた患者様がいます。

左肘が多発骨折、右手中指の骨折で両手が使えず大分苦労されています。

病院にて手術やギプス固定などで治療し、当院にはその後のリハビリで通われております。

事故から3か月経過しましたが、肘はまだ完全に可動域を取り戻していません。

徐々に回復していますが、少しは可動域制限が残ってしまうのではないかと考えております。

車と自転車の事故は重大な怪我になることも多いです。

車の方も自転車の方も十分注意して運転してください。

もしも交通事故にあってしまいお困りの方は「越谷マックス鍼灸整骨院」まで連絡下さい。

越谷マックス鍼灸整骨院
〒343-0813
埼玉県越谷市越ヶ谷1丁目10-27 島村ビル1F
TEL・FAX:048-999-6033
mail:koshigayamax@ivy.ocn.ne.jp

カテゴリー:交通事故, 症例・施術について

地図イメージ

越谷の整骨院・鍼灸院
越谷マックス鍼灸整骨院

【住所】埼玉県越谷市越ヶ谷1丁目10-27 島村ビル1F
【アクセス】東武鉄道伊勢崎線「越谷駅」より徒歩3分
【ご相談・ご予約】048-999-6033
【営業時間】月~金:9:30~13:30(受付13:00まで)
          16:00~21:30(受付20:30まで)
土曜・日曜・祝日:9:30〜15:30(受付14:30まで)
>>アクセス・地図はこちら